長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。
リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。
インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。
例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないとは誰も言っていません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。
加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。
ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。
インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
PR:ホワイトニングの効果は比較的良い様に推移しています