これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。
全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって幅があるのが普通です。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくことも十分あり得ます。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。
これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。
インプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。
普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。
自費診療なので、かなりの額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。
もっと詳しく⇒歯 茶渋 落とす